借地権の説明

私たちの暮らしに関わる建物や土地の法律について、少しは知識を頭に入れておいたほうがよいということがあります。例えば借地権ですが、この言葉の意味を理解している人はどのくらいいるのでしょうか。
今のところは自分には関係のないことと思っていても、そのうち権利を相続するということが
あるかも知れませんし、マイホーム建設の折など、いつ何時、あなたが当該者になるか分かりません。
急な場面であたふたしてしまわないように、この機会に借地権について学んでみましょう。

まず、ひと言で借地権の意味を説明しますと、第三者から借りた土地に自己所有の建物を建てる場合に、
その土地を借りることができる権利のことです。
これが建物ではなく、駐車場などに利用する場合は、借地借家法でいうところの借地権には該当しません。
借地権とは、単に土地を借りることのできる権利ではなく、建物所有を目的とする場合にのみ、
借地権という権利が適用されます。

もっと分かりやすく、借地権を持っている側の立場から説明しますと、土地に建っている建物は自分のものですが、その土地自体は誰かから借りていることになりますので、ここに借地権が発生します。
借りている側にも権利があるという、その権利です。
せっかく建てた自己所有の家がありながら、もしも土地の所有者からある日突然出ていけなどと勧告されたら困りますので、そのような場合に借りている側の権利を国が保障するというものです。

借地権は、相続税や贈与税の課税対象になります。権利を有する大事な財産というわけです。

[特選サイト]
借地権の売却、売買に特化している専門店のサイトです → 借地権 売却

Copyright © 2014 借地権について教えます All Rights Reserved.